適応障害を治療しよう|精神状態を良好に保つための対策

慢性化する前に心体の疲労確認

主な症状と診察可能な病院

男性

適応障害を発症すると強い抑うつ状態が続いたり、不安症状を感じることによって吐き気や頭痛などの症状が現れるようになります。また一般の病院では適応障害の診察を行なうことは難しいため、診察を受けたい場合は心療内科や精神科を取り扱っている病院を利用しましょう。

もっと詳しく

発症しやすい人の特徴

女医

適応障害は主にストレスを発散するのが苦手な方や、周りの友達などに相談を行なうことが苦手な方に発症することが多いです。また仕事を休んで治療を行なうのが最適な場合は、医師に診断書を作ってもらって会社から休職の許可をいただく必要があります。

もっと詳しく

適応障害治療に有効な対策

メンズ

休職をとって適応障害の治療を行なう際は趣味を楽しむことで心と身体を休め、適切な日常生活をおくっていく必要があります。また適応障害を発症した家族をケアする際は、言葉使いに気をつけて優しく生活をサポートしてあげるのが適切です。

もっと詳しく

うつ病と適応障害の違い

医者

仕事やプライベートによってストレスを受けると、精神的ダメージが蓄積してうつ病などの病を発症させてしまうことがあります。こうした病が発生した場合は病院で適切な治療を受け、きちんと精神状態を正常に戻さねばなりません。そのままの状態にしておくと日常生活や人間関係に悪影響を与えてしまい、楽しい生活をおくることが困難になります。意欲の低下や食欲不振などが発生したり、倦怠感をよく感じるようになった場合は、一度病院で診察を受けてみるようにしましょう。またうつ病と適応障害は症状の特徴がとてもよく似ているため、大半の人は適応障害をうつ病と間違えてしまうことが多いです。抑うつ状態による不安や焦りの発生、怒りによって気持ちが不安定になってしまうのが適応障害の主な症状です。適応障害にはアルコールの依存や虚偽の発言といったうつ病には無い症状も含まれており、場合によってはうつ病よりも深刻な状態に進行してしまうことがあります。適応障害は性格の変容や行動によってトラブルが発生しても、本人は罪悪感を感じなくなります。友人や家族が以前と違って性格が急変してしまったと感じた場合は一度病院に相談を行ない、症状を改善するのに有効な治療法などを探してみましょう。幼少期の子供が適応障害を患うと夜尿症や指しゃぶりといった症状が発生し、成長に悪影響が出てしまう可能性が高いです。うつ病との最も大きな違いは抑うつ状態の持続性であり、適応障害の方はストレスの原因から離れると抑うつ状態が徐々に無くなっていきます。

適応障害とうつ病は違う病として扱われていますが、適応障害が悪化してしまうとうつ病へと症状が悪化してしまう可能性が高いです。そのため適応障害と診断された場合でも、抑うつ状態が長期間続くとうつ病と再診断されてしまうことがあります。そのため適応障害を患っていると診断された場合はきちんと治療を行ない、症状が進行することでうつ病へと進行しないように対処しなければなりません。それに適応障害は摂食障害などの症状も誘発させてしまうため、適応障害を発症している場合は拒食症や過食症といった症状を引き起こさないように注意しましょう。場合によっては不眠や過眠などの症状が現れ、普段の生活に悪影響を与えてしまうこともあるので注意が必要です。現在は適応障害に有効な治療法がいくつか存在しており、適切に治療を進めていくことで症状を徐々に改善していくことが可能です。適応障害によって摂食障害や睡眠障害を感じている方は、認知療法を利用して徐々に症状を改善していきましょう。事前に病院のホームページやメールなどを利用して医師に相談を行なっておけば、治療をより効率良く進められるようになります。最も有効なのはカウンセリングや認知療法ですが、人によっては投薬で症状を改善することが可能です。しかし抗うつ剤などを利用して適応障害を治療することはあまり無く、対話によって本人の意識を少しずつ変化させていくのが主な治療といえます。